読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淡々とアニメ視聴ブログ

アニメ視聴日記を中心に日々のあれこれを書き連ねます。

旅行先のホテルでも自宅で録画したアニメを見られる方法を書き記してみた

2014年秋アニメ
テレビアニメを見ている田舎者が、視聴しているアニメや声優出演番組の感想を長文にならない程度の短文で書き連ねるブログです。
アニメ視聴日記:2014年11月19日(水):3番組:90分:11通算:4628分

寄生獣 セイの格率#5(30分)
 
#05 異邦人
遅刻で道を急ぐ新一は、不良グループに絡まれている長井と遭遇する。
長井を庇う新一。そこに現れる一人の女子高生、君嶋加奈。
新一は里美の手当てを受け、二人は良い雰囲気になるも、旅行先では新一の両親の身に・・・。
鳴り響く父からの一本の電話、ここから新一の過酷な物語が動き出す。

 
●新一君化け物に乗っ取られた母親に心臓を一突きで次回です。

f:id:penibo:20141119235443p:image



進撃のバハムートGENESIS総集編(30分)
 
●6話までをギュッと詰め込んで今週から見て来週から見てもついてゆける感じに仕上がっていました。

暁のヨナ#7
(30分)
#07 天命
ヨナをかばい全身に大ケガを負ったハクは、谷底で暮らす神官イクスと彼の身の回りの世話をしている少年ユンに助けられる。ヨナは、神官がなぜ不便な谷底で暮らしているのか気になりたずねるが、ユンに、城にいたのに何も知らないのか?と、厳しい言葉をぶつけられる。自分の無知さと無力さを思い知らされたヨナは、その思いをイクスに伝えるが、イクスはそんなヨナに、彼女の「天命」について語り始める。
 
●四龍の戦士を探すことになりましたね。番組内で「ひりゅう」って出てくるんですが、ATOKで変換しようとするとなぜか「日笠」と出てくるんですよね。キャストに日笠陽子さんは出ていませんけどね。

f:id:penibo:20141119235440p:image


 
 先日旅行に行ってきました。旅行の内容としてはアウトレットで衣類を買ったりSIMフリー端末を購入したりと大充実だったのですが、旅行先だと困ることがあります。それは、「自宅で録画した番組を見る事ができないと言う事です。
 
旅行に行ったときくらいアニメ見るのをやめて旅行そのものを楽しめよ!というツッコミが聞こえてきそうですが、観光地に行った時に見るってわけで無くて、宿泊中のホテルの居室で見ていました。
 
簡単に言うとnasneのAnytime Access(エニタイムアクセス)機能を利用したのですが、旅行先で今日録画した番組を見るために必要な環境と製品を羅列します。
 
自宅で必要なモノ
①NASNE(ナスネ)

地上波・BS・CSを録画できるネットワークレコーダーです。
 
自宅内の有線ネットワーク回線速度が 1 ~ 2Mbps 以上ある回線を契約していること。
 
これはnasneのこのページにも書いてあるのですが、
自宅内のnasneから旅行先の端末で受信するわけですから上りの速度も必要です。光回線であればなんの問題もありません。
 
 
出先でアニメ視聴するために必要になるモノ
①番組見るための端末
Android端末・iOS端末・PSVitaいずれかになります。
 
通信容量無制限のMVNO(格安SIM)を使用するか、ホテルでのWi-Fiを活用する。
ドコモ・AU・ソフトバンクなど3大キャリアでスマートフォンを契約している方が多いと思うのですが、毎月の通信量が契約によって決まっていたり、一日または三日間の通信量が一定量以上になると速度規制を受けたりするのでであまりおすすめはできません。
 
選択肢の一つ目はMVNOを使うというパターンです
 
通信量無制限という選択肢は限られています。
その一つがNTTぷららの通信量無制限のプランを使用するパターンです。


ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン|ぷらら

通信速度は3Mbpsなので、視聴に必要な1Mbpsほど確保できれば見る事ができます。ただし利用料は毎月税込み2980円必要になります。解約に対する違約金はありません。
 
しかし、NTTぷららの通信量無制限のプランを使える端末には制限があります。それは以下の通りです。
○NTTドコモのSIMロックがかけてあるiOS8以上のiOS端末
○SIMフリーのiOS8以上の端末またはAndroid端末
この2つのパターンなら端末でもアプリ上から番組が見られますし、テザリングを使用してPSVitaなどで見る事が可能です。
 
○SIMフリーのモバイルルーター
この場合はルーターなので接続した端末で見る事が可能です。
 
○NTTドコモのSIMロックがかけてあるAndroid端末
この場合はテザリングができないのでAndroid端末でしか視聴はできません。
 
 
 
二つ目はOCNモバイルONE70MB/日コース、100MB/日コースを契約している場合にのみ適用されるのですが、申し込んだ日に限り税込み540円で通信量無制限で利用できるプランを利用する手段があります。


OCN モバイル ONE 容量追加オプション | OCN モバイル ONE

これにもNTTぷららと同様の使用する端末の制限があります。また毎月の利用料が70MB/日コースが月額税込み972円、100MB/日コースが税込み1490円必要になります。
 
SIMカードの大きさやら、設定やらはググってもらえばいろんな人がやり方を懇切丁寧に説明していますので自分で調べる事が大切かと思います。今回紹介したNTTぷらら・OCNモバイルOneには電話番号は付いてきますが、緊急通報ができる電話回線はついていませんので、MVNOを使う上でのメリットとデメリットをきちんと理解した上で利用することが重要になります。ここら辺は各自自己責任でお願いしますと言いつつ、ある程度失敗しながらよりよい方法を見つけ出してなんぼなのかもしれませんね。
 
残る手段として、客室内に無線LANが完備されているホテルを利用する方法があります。
ホテルを利用すると有線LANはどのホテルも完備されているのですが、客室にWi-Fi(無線LAN)が完備されているホテルはまだまだ少ないのが現状です。
今回の旅行ではアパホテル


アパホテル(APAホテル)【公式】|最低価格保証|ビジネスホテル予約サイト

に宿泊したのですが、アパホテルを選択した理由は全客室でWi-Fiが利用出来るってことがいちばんのポイントでした。
これだとエニタイムアクセス設定済みの端末があれば余計な出費を出さずに見る事ができます。
ここで注意して欲しいのは、他の宿泊客もWi-Fiを利用しているので、午後10時頃から午前1時までは通信速度が遅くなる可能性がある場合があることに注意しておきましょう。
 
旅行先でも快適なアニメ視聴環境を追求した結果、
録画機器はnasneを使用し、携帯端末はMVNO回線の2台持ち(通話機能があるAU系のmineoSIMを刺したAndroid端末とデータ専用のOCNモバイルOneのSIMを刺したSIMフリーiPadMini2)になりました。これでも毎月の利用料は3000円以下に収まっています。※OCNモバイルOneの通信量無制限@オプション利用すると3000円オーバーします。
 
 
快適なアニメ視聴環境を整えるのにある程度の出費はかさみますが、
MVNOの勉強やら録画した番組を快適に見る方法を得るための一つの手段として参考にしてみて下さい。
 

ご覧頂きありがとうございました。