読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淡々とアニメ視聴ブログ

アニメ視聴日記を中心に日々のあれこれを書き連ねます。

ヤマノススメ12話 富士山から送ったハガキが飯能市に送るつもりが巧妙な罠が仕掛けられていた事が判明!?

テレビアニメを見ている田舎者が、視聴しているアニメや声優出演番組の感想を長文にならない程度の短文で書き連ねるブログです。
 
アニメ視聴日記:2014年9月25日(木):5番組:135分:9通算:3665分
 

 
ヤマノススメセカンドシーズン #12(15分)
 
●かえでさんの出番はここだけです!

f:id:penibo:20140925234450p:plain

●前回ここなさんとひなたさんが富士山から送ったはがきが届きました。
郵便番号が358-0QZ3となっています。
埼玉県飯能市の郵便番号は357から始まるのでちょっと違います。
●ちなみに郵便番号358から始まるのは入間市です。

f:id:penibo:20140925234507p:plain

●ここなさんのはがきは…イラストですかね。

f:id:penibo:20140925234421p:plain

●ひなたさんのはがきはこうなります。ズレあります。ごめんなさい。

f:id:penibo:20140925234351p:plain

●来週はヤマノススメのススメその2ということで特別番組みたいです。
 

 
ソードアート・オンラインⅡ#12(30分)
#12 幻の銃弾
 
《BoB》も終盤戦を迎え、生存プレイヤーはキリトとシノン、《死銃》、前大会優勝者の闇風に絞られた。《死銃》の共犯者が複数人いて、闇風もターゲットにされている可能性を否定できないことから、キリトは《死銃》よりも先に闇風を倒した後、さらに《死銃》も倒そうと決意。自分がオトリとなって飛び出し、シノンが狙撃を担当する作戦に出る。キリトの信頼に応えたシノンの射撃で作戦は狙い通り進み、キリトはついに《死銃》と対峙するが……。
 
●デスガンちゃんが急に強くなっちゃいましたがまぁそれは置いておいて…
●正妻とキリトさんの不倫相手(?)が病室で遭遇!

f:id:penibo:20140925234142p:plainf:id:penibo:20140925234333j:plain

●今は共同戦線よ!とキリトさんの行く末を見守ります。

f:id:penibo:20140925234118p:plain

すみません全部嘘です。

 
リプライ ハマトラ#12(30分)
●アートさん半年で出所する程の罪だったんですかね…。今までやってきたことみてそう思ったんだ…。

f:id:penibo:20140925233927p:plainf:id:penibo:20140925233935p:plain

 


 
魔法科高校の劣等生#25(30分)
 
#25 横浜騒乱編Ⅶ
 

横浜中が戦場と化す中、魔法科高校の生徒たちはテロリストを相手に奮戦。十師族としての務めを果たさんと、十文字は魔法協会支部へ向かい、将輝は義勇軍に参加する。達也を独立魔装大隊に送り出した深雪は、真由美や一般市民とともに避難するが、直立戦車にシェルターへつながる入り口を破壊されてしまう。脱出用ヘリが到着するまでの間、人々をテロリストから守るべく、深雪たちは二手にわかれて撃退に乗り出す。

 
●横浜が騒乱しているので当然見方に犠牲も出ちゃいます。

f:id:penibo:20140925233633p:image

●でも、ご安心下さい。お兄様が復元してくれるから大丈夫!

f:id:penibo:20140925233846j:plain

●ほら!元通り!

f:id:penibo:20140925233645p:image

●「貴重な杉田が・・・」と実況で言ってしまうシーンです。足を切断されてしまいました。グロいシーンなので規制が入っているようです。

f:id:penibo:20140925233650p:image

f:id:penibo:20140925233656p:image

●こういう時もお兄様におまかせ下さい!

f:id:penibo:20140925233846j:plain

●足も元通りです!というか膝枕か!!

f:id:penibo:20140925233639p:image

●外にいるのに携帯電話はWi-Fiが通じているというよくわからない状況です。

f:id:penibo:20140925233700j:image

 

 
アニメTV#365(30分)
 
 ●今週のゲストは津田健次郎さんでした。
●WIXOSSコーナーは今週で最終回。ルールは全く理解できなかったのでWIXOSS2期も0話切りで良いよね。
 

 
ご覧頂きありがとうございました。