読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淡々とアニメ視聴ブログ

アニメ視聴日記を中心に日々のあれこれを書き連ねます。

魔法科高校の劣等生のメガネキャラはやっぱメガネしていたほうがカワイイですね!

2014年春アニメ

テレビアニメを見ている田舎者が、視聴しているアニメや声優出演番組の感想を長文にならない程度の短文で書き連ねるブログです。

アニメ視聴日記:2014年6月4日(水):4番組:180分:6通算:660分


 一週間フレンズ #9(30分)

 
#9 友達との最終日。
夏休み最終日、課題に手を付けていなかった祐樹と沙希は、香織の家で香織と将吾に手伝ってもらうことに。課題を進める祐樹だったが、途中将吾と沙希が帰ってしまい…。
 
●ほっこりしたと思ったら地獄にたたき落とされた回手紙を最初に見てからみたので、突き落とされ方が半端なかった・・・。

f:id:penibo:20140605015604p:image

 
●山岸さんも昔のことちゃんと思い出して良かった!こっちの2人も素直に応援したくなるこの感じが好きですね。

f:id:penibo:20140605015030j:plain

●藤宮さん倒れる。

f:id:penibo:20140605015558j:image

●そしてこの表情・・・桐生君の心境やいかに・・・でもこの表情をみてご褒美ですね!と思っている人もいそうです。最近あまり見せない表情ですし。

f:id:penibo:20140605015031j:plain


魔法科高校の劣等生 #9 (30分)

 
#9 九校戦編Ⅱ
エンジニアとして正式に九校戦メンバーに加わった達也。九校戦発足式が終わり、本格的に準備が始まると、深雪や光井ほのか、北山雫ら担当する選手たちとともに、CADの調整や訓練を開始する。九校戦に向けて校内が慌ただしくなる中、達也の同級生・ 柴田美月は、人気のない放課後の校舎で不自然な霊子放射光を見つける。気になった美月は、発生源の実験棟へ足を向けると、そこでは同級生の吉田幹比古が精霊魔法の訓練をしていて……。
 
●この番組はわかりずらい世界感に文句をいうよりは、この世界感は壮大なギャグを演じるための世界だと思うと格段に面白くなりますね。
●兄が側にいると常に色気づく妹その1

f:id:penibo:20140605015619j:image

●兄が側にいると常に色気づく妹その2 壮行会の最中でこの色気づき方はもはやギャグの領域ですわ。だから見続けられるんだと思います。ツッコミを入れてみてナンボです。

f:id:penibo:20140605015614j:image

●メガネキャラがメガネを外すとカワイイパターンは良くあるんですが、今回の場合は逆ですね。こっちがメガネしている美月さん。

f:id:penibo:20140605015034j:plain

こっちがメガネをしていない美月さん。

f:id:penibo:20140605015028j:plain

メガネをしているしていないだけで印象もかわるのですね。
 
●司波さんが妹一直線なので、他のキャラがどんだけおっぱいやお尻を強調させて色気づいても一切動じないという設定というかそういう世界感を楽しんでナンボなのかもしれません。
 
●キスはしないとわかっていても見えないのでここまで近づきます。ギャグアニメなので安心して見られます。

f:id:penibo:20140605015610j:image


ノーゲーム・ノーライフ #9(30分)

 
#9 解離法(スカイ・ウォーク)
白が目を覚ますと空は消えていた。まるで最初から存在していなかったかのように、白のスマホの連絡先からも、ステフやジブリールの記憶からも消え去ってしまった空。
確かに空は存在したはずなのに、状況の全てがそれを否定していた。取り乱す白を見て、ジブリールは白が勝負に負け、偽の記憶を植え付けられてしまったのではないかと疑う。
 
●おっぱい揉んで

f:id:penibo:20140605015025j:plain

●おっぱいに顔を埋めて・・・

f:id:penibo:20140605015029j:plain

●最後にゲームをクリアさせて泣いて9話はおしまいっ!

f:id:penibo:20140605015035j:plain


プチマス!!プチプチ・アイドルマスター#1-#33(90分)

 
●30分で11話×3を一気見しました。
●今回見た中ではプロデューサーさんが延々と売っていた回が好きでした。
●3分〜5分アニメよりも時間が短いので、毎日見るよりはまとめて見た方が良いとは思ったのですが、前期の一挙まとめて60数話みるとさすがに疲れたのを憶えていたので、今回は33話分見て、番組が終わり次第全部見る予定です。
●基本アイドルマスター知らないと楽しめないという壁があるので、まぁアイドルマスター見ていて良かったなぁと思う次第です。( アイドルマスター XENOGLOSSIAは何度か見るチャンスはあったのですが結局見られていません。)