淡々とアニメ視聴ブログ

アニメ視聴日記を中心に日々のあれこれを書き連ねます。

妖怪ウォッチ20話にあの超有名俳優が!ケータ君の絶倫シーンも!

テレビアニメを見ている田舎者が、視聴しているアニメや声優出演番組の感想を長文にならない程度の短文で書き連ねるブログです。

アニメ視聴日記 2014年5月31日(土)アニメ視聴日記 ・7番組:210分 ・5通算:3482分


 

妖怪ウォッチ #20(30分)

●今週は超有名な妖怪が沢山出てきました。
●気持ちが悪いけど似ているw

f:id:penibo:20140601213120j:plain

●こっちも気持ち悪いけど似ている。

f:id:penibo:20140601213116j:plain

●似ているんだろうけどもう似ているって素直に言えない自分がいました。

f:id:penibo:20140601213117j:plain

●最後はフミちゃんを想像したケータ君の居室の一場面です。
ゴミ箱に使用済みティッシュの山!山!山!
これを見てケータ君は相当凄い精力を持っているんだなぁ!
と感心してしまいました。(全部嘘です。すみません)

f:id:penibo:20140601213119j:plain


健全ロボ ダイミダラー #9 (30分)

 
#9 警報!閉ざされたゲート
又吉や三博士から前任者の真玉橋孝一と楚南恭子の話を聞く霧子と将馬。ペンギン城ではペンギン帝国最強五人衆の一人であった人造人間フンボルトが、異世界で作られた超南極とともにペンギン装置で転送されていた。しかし転送されてきた超南極は問題がありフンボルトでは起動しない。リッツが超南極を操縦できるようにするため、ペンコマ達は涙ながらの行動に出る。ペンコマ達の想いに応えるべく、リッツも貧乳で淫乱なフンボルトからペンギン特訓を受けるのだった…。
 
●アバンのシーンより。アバンだけ見ていたら毎週お決まりの馬鹿馬鹿しい台詞は一切無くなんか別のアニメになったのか!と思ったのですが・・・

f:id:penibo:20140601213235j:image

●安定のお色気と謎のM字開脚シーン。さすがや!

f:id:penibo:20140601213228j:image

●股間部分のまぁアレがリアルな陰影だなぁと思った次第。

f:id:penibo:20140601213245j:image

 

 

星刻の竜騎士#9(30分)

 
#9 騎竜演舞
ルッカ・サーリネンの竜(パル)・ガウェインの攻撃を受け、5日間も眠りについていたアッシュ・ブレイクだったが、
ナヴィーからガウェインの命がもう長くはないことを聞かされ、ガウェインがいるであろうウィリンガム霊廟に向かうことになる。
しかし、そこにはミルガウスが復活させた屍灰竜の大群がおり、苦戦を強いられる。
 
●最後の方のシーンですがちゃんと男性生徒も服が破けていましたよ。

f:id:penibo:20140601213128j:plain

●このシーンは地上波への配慮だと思いたいものです。触手は色気方面で仕事していましたが、個人的触手系は好きじゃ無いので単純に気持ちが悪い印象しかなかったですが・・・。

f:id:penibo:20140601213126j:plain


棺姫のチャイカ #8(30分)

 
#9 気やすめの帝国
「ここはネオガズ帝国の領土だ、通行料を払ってもらおうか」
チャイカたちの前に立ち塞がる、ガズ帝国の復興を掲げた怪しげな集団。
そこには「チャイカ姫」と呼ばれる黄色いドレスを着た少女の姿があった。
機転を利かせたアカリの判断で、一行は旅芸人に扮することに。
一方チャイカは、彼女の故郷である在りし日のガズ帝国を知る彼らに興味津々で……。
 
●アニメオリジナル回ということで、特段見せ場も無し。お色気も無し。

 

悪魔のリドル#9(30分)

 
#9 胸の中にいるのは?(追試)
 窓の外では激しく風が吹き荒れる中、兎角と伊介は対峙していた。
晴の安否を心配するも、伊介に阻まれる兎角。一方は、晴は、番場に追い詰められていた。
番馬にハンマーを振り下ろされたところを間一髪でよけながらも、逃げ惑う晴。兎角は晴のもとに向かうべく、伊介にナイフを向ける。
 
●色気があるのか無いのか?今週のお色気シーン。今週は学校を破壊しまくっていましたがやられないとCDデビューできないので的はやられてました。

f:id:penibo:20140601213239j:image

f:id:penibo:20140601213252j:image

●最後の宣伝コーナーでMBS製作の番組なのに、東京と名古屋でイベントがあるよ!と宣伝する悪魔のリドルのもっと大阪大切にしろよ感が半端なかった。

 

ニセコイ#20(30分)

 
#20(最終回)ホンバン
ようやくいつも通りの関係に戻った楽と千棘。
千棘はけがをした小咲の代役として舞台に立つことになり、いよいよ本番の幕が上がる!
しかし舞台では、集の仕掛けで楽に告白させられそうになった鶫が暴れたり、風邪で寝込んでいたはずの万里花が乱入してきたり、クロードが楽に決闘を申し込んだりと、どたばたの展開に。
そんななかどうにかジュリエットの元にたどり着いたロミオ。
千棘は差し出された楽の手をとり、自らの想いに気付くのだった――。
 
●ニセコイが20話で終わって次は花物語だと思ったら、花物語は8月に延期、放送局数も大幅減&TOKYOMXとBS11・niconicoの枠買い増しと余計な出費が増えた結果に。
これならニセコイをもう5話伸ばした方が良かったんじゃという声も聞こえてきたり来なかったり。
 
●最初から花物語を大晦日のアニメ特番にしておけば良かったんじゃね?と思ったのはまぁ勘ぐりすぎでしょうか。
●で、ニセコイは最終回、ロミオとジュリエットの話のあらすじを知らない自分にとっては
適当な場所で「ロミオ!あなたはどうしてロミオなの?」と皆が知っている台詞だけ入れて後は
行き当たりばったりの体なんだろうと思ってみたら結構面白かったです。原作も終わっていないので、鍵についてはの結論は見られないだろうなぁと思いつつ、このまま誰が約束の人なのかだけで間延びしてしまうのもいやなので、これはこれで良かったんじゃ無いのかなぁと感じます。
●20話で一番良かったシーンはやっぱりこれですねぇ。「ホモォホモォ」

f:id:penibo:20140601213118j:plain

●最後にエンドカードで締めッ!

f:id:penibo:20140601213256j:image

 

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース #8(30分)

 
#8 悪魔(デビル)
シンガポールに到着した承太郎一行は、宿泊先のホテルで別行動をとる。ホテルの部屋で一人になったポルナレフを待ち受けていたのは、「呪いのデーボ」として怖れられる新手のスタンド使いだった。デーボが操るスタンド「悪魔(エボニーデビル)」には、相手を恨めば恨むほど強くなるという能力があり、正面から戦いを挑んだポルナレフは敵の罠にはまり絶体絶命の危機に。残虐かつ残忍な手口で攻撃を仕掛けるデーボに対し、ポルナレフが見出す勝機とは!?
 
●次回どうなってしまうのか?と当時ジャンプは読んでいたけど、ジョジョは読み飛ばしていた自分がいっています。