淡々とアニメ視聴ブログ

アニメ視聴日記を中心に日々のあれこれを書き連ねます。

監督不行届第一話 オタワードの解説は文字が小さすぎて解読するのも一苦労

テレビアニメを見ている田舎者が、視聴しているアニメや声優出演番組の感想を長文にならない程度の短文で書き連ねるブログです。

アニメ視聴日記 2014年4月4日(金)・5番組:180分 ・4通算:690分

 
 

①監督不行届 #1 (5分)

 
● #1花園タックル
●ウエディングドレスを選ぼうと思ったら夫は仮面ライダーのスーツ着るからいらねぇよ。という事はわかった。
●オタクワードが出る度に画面下に用語が出てきて番組最後に解説する画面が今後も毎回有ると思うのですが、SD画質で見ると文字がツブれて読めません。

f:id:penibo:20140404234558j:image

 ●エンドカードです。

f:id:penibo:20140404234601j:image

 

②ソウルイーターノット!放送開始記念!ノットりスペシャル!(30分)

 
● 電子番組表(EPG)によると、
ソウルイーターノット!のスタートを記念して、その世界観を改めてわかっていただくために、前作ソウルイーターの第1話を振り返りつつ、ノット!の魅力を大紹介します!!
番組内容
大久保篤が描く、もう一つの「ソウルイーター」!どこをとっても”普通”なソ湯所う、春鳥つぐみ、天然少女・多々音ねね・ツンデレお嬢様・アーニャ。ヘプバーンの三人が死武専を舞台に紡ぐ、殺伐だけどウキウキ学園ライフ♪
今回はスタートを記念して、その世界観を改めてわかっていただくために、前作ソウルイーターの第一話を振り返りつつノット!の魅力を大紹介!!
出演者
春鳥つぐみ:千菅春香
多々音めめ:悠木碧
アーニャ・ヘプバーン:早見沙織
マカ=アルバーン:小見川千明
ソウル=イーター:内山こう輝
以下略
●今日はノットりスペシャルということで、ソウルイーターの1話が番組を乗っ取っていました。
●最初に千菅春香さん、最後に千菅さん・悠木さん・早見さんが来週からの番組告知をして終了。
 

③ノブナガ・ザ・フール#10-#12(90分)

 
●数週見逃してしまったので、今日まとめて3話視聴しました。
●光秀ことミツはいつ裏切るのかだけ楽しみ似ているけど、それは2クール目なのかな。
●史実に乗っ取っているのかなぁと思いながら見るより素直に楽しんで見た方が良さそうです。
●お茶会の正座して足をムズムズさせるシーンとか良かったですね。しびれたときのあの感じを思い出しちゃいました。

f:id:penibo:20140404234551j:image

 
④ゴールデンタイム#24(30分)最終回
 
●二次元君主人公で最初から作った方がよかったんじゃないのかな。結局このオチも二次元君がいないと成立しなかったオチだし。

f:id:penibo:20140404234607j:image

●.COMで終わる迷惑メールばかりな図。

f:id:penibo:20140404234604j:image

●真面目に感想を述べますと、番組スタート時、香子は光央にゾッコンだったのに、あっという間に多田万里に乗り換えてつきあい始めたくらいから、ゴールデンタイムのキャラクターの思考回路というのは常人には理解できない域にあるのかなぁと思いながら見ていました。
●二次元くんは番組最初の頃の恩を最後まで忘れずにずっとサポートしていた事が最終回で明かされるんだけど、一番見ていて共感が生まれたのが二次元君だったのは言うまでもない。
●仮にもう一度このアニメをみたとしても、万里の幽霊設定やオチも含めて理解できそうにないだろうね。と思うアニメだった。このアニメを見ていた人は幽霊の気まぐれな行動に振り回されたに違いない。
●とらドラ!と同じく原作終わってすぐにアニメが終わる流れになったけど、正直同時期に合わせなくても良いので、もっと丁寧に番組作って欲しかったな。
●正直、この番組よりおもしろい恋愛系アニメは沢山在ったので、良作に埋もれてしまった感は否めない。
 
 

⑤声優戦隊ボイストーム7 #11(25分)

 
●アニメパートはまぁどうでもいいや。
●実写パートも・・・まぁどうでもいいや。
●どっから見てもおもしろさが、「ランズベリー・アーサー」以外無かったかもな。